自動契約機で即日融資を実現しました

MENU

自動契約機で即日融資を実現しました

急にお金が必要になったとき、みなさんはどのような対処法をとられるでしょうか。
私が昨年、急なお金の必要に迫られたとき、消費者金融の即日融資サービスがとても役に立ちました。
その時の私の体験談を、みなさんがお金の必要に困った時に役立ててもらえれば幸いです。
昨年のある夏の日、私はいつものように煙草を吹かしながら休日の朝をまったりとした気分で過ごしていました。
その時の私の財布にはほとんどお金がなかったのですが、貧乏生活に慣れてる私は次の給料日までは何とか生活できる算段ができていたので、それなりに余裕を持って休日を過ごしていたのです。
しかし、そんな私の余裕を奪うことになる電話がかかって来ました。
電話の主は私の大学時代の友人です。
その友人は私に、今日の晩の予定を聞いて来ました。
予定はないが金もないぞと私が答えると、友人は大学時代にお世話になった教授の退官記念の飲み会をやるから参加してくれと私に言いました。
私には、大学時代にとてもお世話になった教授がいます。
どうやら、その教授が大学を定年退職されたようで、友人が飲み会を主催することになったようなのです。
さすがに貧乏な私も、その飲み会への誘いを断ることはできませんでした。
私は、金は何とかするよといって電話を切りました。
しかし、貯金も全くない私がどうやってお金をなんとかするのだろうかと、電話を切ってから私は自問することになったのです。
流石の私も友人にお金を借りようとは思いません。
どうしたものかなと煙草をくわえて部屋から窓の外を見た私は、遠くのビルの屋上に消費者金融の看板が立っているのを発見しました。

そうか、消費者金融を使えばお金を工面できるじゃないかと私は気付いたのですが、そのすぐ後で、申込んだ当日中にお金が借りられるのだろうかという疑問が湧き出て来ました。
しかし、躊躇している暇はありません。
私はスマートフォンで消費者金融の情報をチェックしてみました。
すると、申し込み当日に融資することができると消費者金融のホームページに書かれているではありませんか。
さらに詳しく情報をチェックすると、自動契約機なら最も早くカードが発行できると書かれています。
私は窓から見えたビルの1階に消費者金融の自動契約機が設置されているのを思い出し、必要となる書類を揃えて自転車を走らせました。
私が持っていった書類は、運転免許証と数ヶ月分の給与明細です。
収入証明書は不要とホームページに書かれていましたし、用意している時間もないので持っていきませんでした。
さて、自動契約機にたどり着くと幸い誰も使っていなかったので、私はすぐに契約手続きをとることができました。
自動契約機では、音声ガイダンスに従って機械の画面を操作したり、契約機からプリントアウトされる書類に必要事項を書き込んだりといった作業を行うのですが、とくに難しいところはありません。

 

ちょっとわかりにくい所は、オペレーターの方に無線で質問することができるので、私は迷わずに契約を進めることができました。
そして、自動契約機に入ってから1時間で契約を完了し、備え付けのATMでお金を借りることができたのです。
おかげで無事に恩師の退官記念飲み会に参加することができました。
消費者金融の即日融資サービスにはとても感謝しています。